【二重国籍事件】豪州議員が辞職、蓮舫は「差別主義者!!」と居直り=左派の的外れを再確認

オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)が14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして議員辞職。移民国家豪州でも議員の二重国籍は憲法違反。ラドラム上院議員の潔さに比べ、民進党・蓮舫は「差別主義者には負けない」「多様性を重んじる」と見当違いの居直り。そんな蓮舫を支持する左派系コラムニストや朝日新聞などの左派メディアの的外れな見解を、アゴラ編集長・新田哲史氏が一蹴。また池田信夫氏は『これは「民族差別」とも「排外主義」とも無関係』とした上で、蓮舫の経歴詐称を指摘。『少なくとも2004年の参議院選挙は当選無効である。6年間の議員歳費を返還すべき』と糾弾。

Photo:二重国籍発覚で辞任した豪州野党のスコット・ラドラム上院議員(左)と、疑問の声を「差別主義者!!」と批判し居直る民進党・蓮舫[agora/産経ニュース]より

オーストラリアで二重国籍議員が辞職。左派の的外れを再確認 — 新田 哲史

出典:[agora/yahoo] 2017年07月15日

(前略)いや、ビックリしました。この件は私も今回初めて知ったのだが、以前から八幡さんたちが申し上げているように、海外では、多重国籍を認めている国であっても、国益とリンクする政治家の帰属については厳しく問うている。ラドラム上院議員は緑の党の幹部で、昨年1月に来日した時には、菅直人元首相とも対面している(http://n-kan.jp/news/3837.html)。まあ、“そっち界隈”の人ではあるのだけれど、彼の釈明が事実であれば「過失犯」であるにもかかわらず、潔く辞任を決断したことに敬意を表したい。いつまでも問題を引き摺る誰かさんとは大違いだ。

今回の事例で、特に注目したいのは、オーストラリアにとってニュージーランドという兄弟国との多重国籍であったとしても、例外ではなかったことだ。

蓮舫氏に対し、法的および政治的観点から台湾籍離脱の証明を求める意見に対し、民進党内外の左派や朝日新聞などの左派メディアが、人種差別などといった「人権」的な文脈を絡ませ、的外れな擁護論が目立った。(中略)

しかし、政治家の国籍問題というのは、一般国民の人権論とごった煮に論じるものではない。基本的人権は護った上で、あとは法的に判断する。オーストラリアでは憲法で政治家の多重国籍を禁止している。日本では国会議員に限定した同種の法規制こそないが、そもそもの前提として、国籍法で多重国籍は認められていない(改正の余地はあることはすでに述べた(http://agora-web.jp/archives/2027173.html)。仮に私が差別主義者ならそんな記事は書かない)。

再三再四、こうしたことを申し上げているにも関わらず、頭の悪い左派たちは理解できない、あるいは認めたくなくて政争化したいだけのかもしれないが、とりあえず、民進党と蓮舫氏に対し「勘違い」だと社説で圧力を事実上かけた朝日新聞(http://www.asahi.com/articles/DA3S13033443.html)は、自分たちの方が勘違いしていることに早く気づいていただきたいものだ。

[以上抜粋]

蓮舫代表は台湾国籍を離脱したのか — 池田 信夫

出典:[agora/yahoo] 2017年07月15日

いったん「戸籍謄本を出す」と表明した蓮舫代表は、きのう午後になって「台湾の籍を有していないことがわかる部分」だけ見せるといい、さらに「パスポートや台湾当局への国籍離脱申請書の写し」を提出すると話が変遷している。申請書を出すというのは、証明書が存在しないということだろう。台湾政府のウェブサイトで「謝蓮舫の国籍喪失」を検索すると、こういう結果が出る。(中略)

本質的な問題は、国籍選択宣言を完了したとしても、彼女が2004年から3回の参議院選挙で国籍を偽って当選したという事実である。彼女が自分で認めたように、国籍選択したのは早くても昨年10月なので、2004年の選挙公報の「1985年に台湾籍から帰化」したという記述は明らかに経歴詐称だ。これは公選法235条(虚偽事項の公表)違反なので、少なくとも2004年の参議院選挙は当選無効である。6年間の議員歳費を返還すべきだ。

なお付言するが、これは「民族差別」とも「排外主義」とも無関係だ。彼女がアメリカとの二重国籍であっても、「アメリカから帰化した」と嘘をついて選挙に当選したら無効である。過去の判例では、学歴詐称でも当選無効になった。公権力を行使する国会議員の地位は、それほど重いのだ。
[以上抜粋]


ネットの反応(コメント編集元):[【蓮舫問題】オーストラリアで二重国籍議員が潔く辞職。左派の的外れを再確認 いつまでも問題を引き摺る誰かさんとは大違い]

19: 2017/07/16(日) 12:18:50.49
日本もオーストラリアを見習え!

3: 2017/07/16(日) 12:11:01.80
まったくその通りですな

4: 2017/07/16(日) 12:11:25.90
差別主義とか関係のない話なんだが

70: 2017/07/16(日) 12:51:03.05
>>4
国会議員が自国民の有権者を差別主義者とか前代未聞
蓮舫は中国共産党員だからなせる業

151: 2017/07/16(日) 13:59:09.20
毎日なんか今日蓮舫擁護記事載せたぜ
人権に問題はないのかとか的外れな事言って

11: 2017/07/16(日) 12:14:17.77
こんなおいしい金づる手放せるわけないだろ

16: 2017/07/16(日) 12:16:56.73
失礼な蓮舫は三重国籍だぞ!

34: 2017/07/16(日) 12:28:57.37
>>16
マジかよ三重県独立してたのか!

59: 2017/07/16(日) 12:46:58.98
>>16
日本+中国+台湾か?

22: 2017/07/16(日) 12:20:48.92
重国籍に対してもっと法整備しろよ
政治家だけでなく公務員も重国籍禁止して
戸籍なんかにキチンと記載する

こんな脱法みたいな状態放置するのはよろしくない

24: 2017/07/16(日) 12:22:51.12
移民国家のオーストリアでも常識的には辞任。
一方の日本では辞任はおろか党首続投。選挙惨敗でも。

131: 2017/07/16(日) 13:23:57.43
よくまあこんなのを党首に据えたよなあ
事後発覚なら未だしも代表選前に騒ぎになってたよな
ミンシン自体が破廉恥な存在と思われても仕方がないぞ

132: 2017/07/16(日) 13:24:18.50
小野田は選挙に立候補する前に国籍の選択はしてる
だから後ろめたいことはないからちゃんと戸籍を公開した

蓮舫は?

136: 2017/07/16(日) 13:30:12.65
>>132
国会議員やる前に地方議員だったからなあ
国会議員としては時期的セーフ
後でアメリカ国籍離脱も公開してるから
模範解答やん

139: 2017/07/16(日) 13:33:43.81
>>132
蓮舫の場合は詐称も故意の可能性が高いから質が悪い
自分のニュース番組の記者発表の時に在日中国人でダブルと自己紹介しているのに選挙の時はできない帰化と主張する
選択すらしてなかったのに

148: 2017/07/16(日) 13:47:47.24
二重国籍だろうが、そうでなかろうが法的に問題があろうがなかろうが、この問題について当の蓮舫の発言がむちゃくちゃな事がそもそも問題だわ。少なくとも信用には値しない

159: 2017/07/16(日) 14:13:37.54
問題は中華民国籍があることを認識してたのに離脱申請もせずに国会議員や大臣を務めてたことだ
さらに野党の第一党の党首に就任
違法じゃなくてもこれこそあいつらの大好きな「道義的責任」そのものだろ

160: 2017/07/16(日) 14:15:36.25
蓮放見たいな奴に投票した人いるんだよな
虚しくないかな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする